株式会社エス・エス・アイ 出版事業部

子どもに奇蹟を起こす魔法のルール

きこ書房 > 趣味/実用 > 子どもに奇蹟を起こす魔法のルール
表紙:子どもに奇蹟を起こす魔法のルール

子どもに奇蹟を起こす魔法のルール

はづき虹映(著)
出版年月日
2012年05月30日
ISBN
978-4-87771-294-5
版型・ページ数
四六判・並製・216ページ
定価
本体1300円(+税)
書籍ご購入はこちら
  • 紀伊国屋書店
  • amazon
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

男の子5人の父親でもある著者による子育ての視点を変えるメッセージ

 

子どもを信じるのではなく、子どもを信じた自分を信じる。

子どもの無限の可能性を引き出すスピリチュアル・メッセージ。

内容紹介

◎「教える」のではなく、「伝える」「分かち合う」。

◎子どもに関心をもって、ただ黙って、見守る。

◎決めつけない。押しつけない。急かさない。

◎実際に起きたことが、すべてベストだと認める。

◎この世に子育て以上に、大事な仕事はないと気づく。

◎子どもに、より伝わるのは、言葉ではなく、波動、エネルギー。

◎夫婦がお互いに歩み寄り、「真ん中」で話し合う。

◎いじめの問題。まず見直すべきは、親子関係。

◎「ネガティブな価値観」のバトンを渡さない。

◎子どもを「怒り」によって支配しない。

◎「自分で育とうとする力」を信じて見守る。

◎「未熟な自分」を受け入れる勇気をもつ。

◎子どもに期待しない。

◎「正しい答え」より、「楽しい答え」を選ぶ。

◎「自分育て」こそ、子どもへの最幸のギフト。

目次

1 教育(「教える」のではなく、「伝える」「分かち合う」。

「教育」ではなく、「共育」。親と子が共に、愛と絆を育みながら、一番大事なことを“想い出す”。

2 役割(子育てにおいて、父親の影響度は、母親の十分の一程度。父親の役割は、母親をいかにサポートするか。夫婦のパートナーシップが、子どもの恋愛の原点。異性の親こそ、あなたにとっての「初恋の人」であり、生まれて初めて「失恋」した相手。

3 家族(子どもが親を選んで生まれて来る。;いじめの問題。まず見直すべきは、親子関係。 
4 人生(「自分で育とうとする力」を信じて見守る。;「未熟な自分」を受け入れる勇気をもつ。

著者情報

はづき虹映(はづきこうえい)
有限会社「いまじん」代表取締役。兵庫県出身、関西学院大学・経済学部卒。

大手流通業から独立し、広告代理店・企画会社を設立。順調に業績を伸ばすが、95年の「阪神・淡路大震災」をキッカケに、「こころ」の世界に目覚め、気功、瞑想、心理学、ヒーリング、チャネリング、各種セラピーなどを学び、その効用について研究と実践を重ねる。98年頃より、各地で主に「こころ」や「スピリチュアル」の分野において精力的に講演活動や勉強会などを主催し始める。特に古代ユダヤの知恵と言われる「カバラ・数秘術」をベースに、現代風に独自のアレンジを施した運命診断法として「誕生数秘学」を確立。著書の発刊と共に「(社)日本誕生数秘学協会」を設立・主宰

きこ書房メルマガ登録
SSIメールマガジン
ナポレオン・ヒル財団アジア太平洋本部 ジョセフ・マーフィー・インスティテュート ナイチンゲール・コナント社

Book List

サクセス・オーディオ・ライブラリー、Febeでダウンロード販売開始! 企画募集

Tag Cloud

ページの先頭へ