株式会社エス・エス・アイ 出版事業部

医者が患者に知られたくない 治療の真実

きこ書房 > 自己啓発/ビジネススキル > 医者が患者に知られたくない 治療の真実
表紙:医者が患者に知られたくない 治療の真実

医者が患者に知られたくない 治療の真実

川嶋 朗(著)
出版年月日
2014年01月04日
ISBN
978-4-87771-313-3
版型・ページ数
新書判・並製・200ページ
定価
本体1,100円(+税)
書籍ご購入はこちら
  • 紀伊国屋書店
  • amazon
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス

医者まかせにして、病気が治るはずがない!

ほとんどの病気は、自分の中にある力で治るのです。
「病気のうち、医療が必要なのは1割。自己治癒力で治るのが8割」
といわれています。では、残りの1割は?
なんと医者にかかったことが原因で起こる医原病なのです。

はっきり言いましょう。
日本では、国も医師会も本気で患者のことを考えているとは思えないのです。


第1章
完全に治すには?

1:医原病で驚くほど多くの患者が死んでいる

2:奇跡を起こしているのは、医者ではなく患者自身

3:西洋医学には限界がある

4:薬は人間の自己治癒力を奪う

5:不必要だとわかっていながら、過剰検査、過剰医療を行われている


第2章
安く治すには?

6:お金持ちしか医療を受けられない時代になる

7:メタボ健診が薬漬けの患者をふやしている


第3章
あなたの中の驚くべき力

8:自己治癒力の衰えが原因でなる病気がふえている

9:自己治癒力を目覚めさせる統合医療に向かう先進諸国

10:先進国から大きく遅れている日本の統合医療

11:統合医療が起こした奇跡

12:西洋医学を全否定する代替医療は信用できない

13:考え方や生き方を変えるだけで自己治癒力はアップする


第4章
思いの力で治す

14:恨みや怒りががんを生む

15:笑いや感謝する心が奇跡をおこす

16:祈りの治す力について、真剣な研究が進められている


第5章
QODを高める

17:人は死に向かって生きている

18:死についてもっと考え、もっと話し合う習慣を

19:日本の伝統的な死生観を見直す

 

著者情報

川嶋朗(かわしまあきら)

1957年東京都生まれ。東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長、准教授、医学博士。北海道大学医学部卒業後、東京女子医科大学入局。ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院などを経て2004年から現職。漢方をはじめとするさまざまな代替、伝統医療を取り入れ、西洋近代医学と統合した医療を手掛けている。西洋医学での専門は腎臓病、膠原病、高血圧など。日本統合医療学会理事、日本抗加齢医学会評議員、社団法人感覚刺激と脳研究協会理事

きこ書房メルマガ登録
SSIメールマガジン
ナポレオン・ヒル財団アジア太平洋本部 ジョセフ・マーフィー・インスティテュート ナイチンゲール・コナント社

Book List

サクセス・オーディオ・ライブラリー、Febeでダウンロード販売開始! 企画募集

Tag Cloud

ページの先頭へ